セラフィナイト「愛をつかさどる天使の石」

セラフィナイト

日本では斜緑泥石(しゃりょくでいせき)と呼ばれ、不透明で落ち着いた緑色の中に白や銀色の模様が浮かび上がっていて、とても神秘的な魅力を持った石です。
セラフィムフェザーインクルージョンと呼ばれる妖精の羽に例えられる銀色の光が特徴的です。
セラフィナイトは『愛をつかさどる天使の石』と呼ばれ、その名前は天使の中でも一番階級の高い熾天使(セラフィム)が由来となっています。
繊細なエネルギーを持つ石で、海よりも深い愛で持ち主に安心感を与え、人生に平穏をもたらします。対人関係がうまくいかない時や新しい環境に身をおくときなどすべての人間関係を愛で包み込んで、気分が落ち込んだ時や不信感の強いときに優しく励ましてくれます。

Piantaショップ フォトギャラリー

関連記事

  1. ブラックオニキス「迷いのない信念」を象徴する石

  2. ノリーナジャスパー「人生を自分の足でしっかりと歩んでいける」

  3. デンドライトアゲート「人生の様々な場面に豊かさをもたらす」

  4. ピカソジャスパー「人生の本来の目的へと導いてくれる」

  5. ピンクトルマリン「女性らしい魅力を最大限に引き出す愛の石」

  6. デュモルチライト「思慮の石」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。